【紳士靴の型】プレーントゥの特徴って??

【紳士靴の型】プレーントゥの特徴

ブレーントゥの革靴の特徴は甲や爪先に縫い目も飾りも何もないとてもシンプル
だということです。
靴の基本形とも言われているデザインで、TPOを問わずに履くことができます。
ビジネスシーンで履く靴を探している方なら必ず一度は見たことがある靴の型
です。

しかし、シンプルなデザインであるゆえに鳩目の位置などのバランスや、革の
良し悪しなど靴の作りの良否が端的に表れてしまう革靴の型だともいえるでしょう。
そのため、革靴初心者の方でも安心して購入することができるプレーントゥですが、
シンプルであることの魅力を分かった大人の男性にもぜひ楽しんでいただきたい
一足でもあります。

ひとことでプレーントゥといっても、いろいろなタイプに分類されます。
外羽根使用の形をV字型にしているプレーントゥ・Vフロントは、普段からの
実用性が高いだけでなくフォーマルシーンにも活用することができる形です。

汎用性が高いことから、オーダーメードやセミオーダーでも人気の形でもあります。
足の形の個人差に対応しやすい形であるため履く人を選ばないという特徴も
あります。

対して内羽根式のプレーントゥの場合は、格式ある服装に合わせることが多い
靴の型だといえるでしょう。
冠婚葬祭用に購入する方も多いですね。

そしてプレーントゥの革靴の中にはホールカットと呼ばれる継ぎ目が極端に
少ない革靴もあります。
ホールカットの革靴はプレーントゥの極みといってもいいかもしれません。
シンプルなデザインですので、冠婚葬祭にも対応することが可能ですし、
エレガントで高級感のある一足です。

通常の革靴よりも大判の革を持ちいらなければ製造することができないですし、
高い技術も必要となるホールカットのスタイルの革靴を販売している靴メーカーや
ブランドは品質に自信を持っているということの証明ともなります。