トッズ (Tod’s)のブランド紹介

トッズ (Tod’s)のブランド紹介・口コミ・評判

トッズ (Tod’s)はイタリアのマルケ州の小さな靴工房として1920年頃創業しました。
トッズ (Tod’s)は飛躍的に有名になったのは1979年にソールに133個のゴムの突起を
つけた一枚革のモカシンシューズ、「ゴンミーニ・モカシン」を誕生させたこと
からです。

しなやかなフィット感と軽快な歩みを実現することができるソールのモカシンは
シンプルで上品なデザインによって瞬く間に人気を博し著名人からも絶大な支持を
得るようになったのです。

もともと外国製のドライビングシューズを参考にしたそうなのですが、モカシン
製造専用の機械まで開発してしまうほどのこだわりのもった商品なのです。
現在でもドライビングシューズとして、タウンユースとして世界中の人から
幅広く支持されているロングセラー商品となっています。

トッズというブランド名は、3代目のディエゴ会長が名づけました。
アメリカの電話帳で目に留まった、世界中のだれもが読めて発音できる名前をと
考えられた名前なのだそうです。

トッズの名付け親であり、現在も会長であるディエゴ会長は、有名なイタリアの
サッカーチーム、フィオレンティーナの名誉会長に就任されていることでも
有名です。

美しさと実用性を兼ね揃え、上質なレザーを使ったトッズは現在ではシューズ
コレクションだけでなくバッグなどの革製品も製品化しています。
100年に及ぶ歴史の中で培われてきた伝統とモダンな感性を製品に結実させる
洗練を極めたタイムレスなデザインは、世界中の人を魅了しラグジュアリー
ブランドの筆頭として確固たる地位を築いたのです。

「最高の製品は最高の環境から」というトッズの哲学に基づいてメイド・イン・
イタリーを貫くトッズは、日々成長をし続けており毎年想像を超える、美しく
新しい製品を誕生させているのです。

コメントを残す