チャーチ(CHURCH’S)のブランド紹介

チャーチ(CHURCH’S)のブランド紹介

チャーチ(CHURCH’S)は1873年にイギリスで創業した老舗のシューズブランドです。
英国靴ブランドは多くの種類がありますが、イギリスを代表する既製靴ブランドといえば
このチャーチを思い浮かべる人が多くいるでしょう。

チャーチ(CHURCH’S)の靴は有名な映画、「007」でも使われていたことでも知られています。
1930年代にはすでにニューヨークに海外店舗を出店していましたから、早い段階で
世界市場を見据えて事業を展開していたのでしょうね。

日本でチャーチの靴を買うことができるようになったのは1965年ころからです。
チャーチの靴は日本国内で買うことができる英国紳士靴の代名詞ともいわれました。
チャーチは2000年にイタリアのプラダの資本を受け入れて買収されました。

プラダ買収後は、ラストが大きく変わりファッション性を意識したスタイリッシュな
デザインのものが多くなり、古くからの英国靴のイメージからの脱却をはかりました。
買収前のモデルはオールド・チャーチや旧チャーチの愛称で呼ばれ古くからのファンの
間でプレミアがついて取引されているそうです。

最近では昔のラストを使用したモデルが限定復刻し、長年のファンを喜ばせて
くれています。
もちろん新生チャーチも魅力がたくさんあり、新たなファンを獲得しています。
チャーチ本来の質実剛健なイメージは新生チャーチも変わりませんが、クラシックさと
モダンさをうまくミックスさせた実用性と美しさを兼ね揃えた素晴らしい商品となって
います。

チャーチの靴は履けば履くほど、自分の足に吸い付くように馴染んでいくのが特徴
です。
革のエイジングがとても美しく、きちんとお手入れをしてあげることで独特な風合いを
楽しむことができます。

他のシューズメーカーに比べると圧倒的に底材が減りにくく、型崩れをしないため、
何十年と履き続けることができるのです。

「チャーチ(CHURCH’S)」の靴の種類紹介

コメントを残す